【Unity】TextMeshPro-日本語表示とスクリプト制御

UnityのTextMesh Proの使い方、日本語導入を解説します。
当サイトで紹介する商品・サービス等の外部リンクは、アフィリエイト広告を含む場合があります。
スポンサーリンク
本記事を読むと以下の実行ができます

TextMeshProで日本語表示して、画面押下でテキストを変更する。

TMPを日本語表示、スクリプトで変更

Unityでテキストを扱うときに、「TextMeshPro」と「legacy Text」があります。
Unity公式によると、現在のテキストは、「TextMeshPro」を使用することが推奨されています。

TextMeshPro is the ultimate text solution for Unity. It’s the perfect replacement for Unity’s UI Text and the legacy Text Mesh.

TextMeshPro – Unity マニュアル

しかし、いざTextMesh Proを使おうとしても、警告ウィンドウが表示されたり、日本語が四角(□)に化けたりなど課題点が多いです。

本記事では、「TextMeshPro」の導入方法と日本語の表示、スクリプトでテキストを制御する方法を紹介します。

本記事は次の人におすすめ
  • TextMeshProの使い方を知りたい。
  • 日本語表示を知りたい。
  • スクリプトで操作する方法を知りたい。
スポンサーリンク

TextMeshPro

TextMeshProは、Unity公式が提供する文字アセットです。
従来の文字は、滲んでいて無機質な表現しかできませんでした。
scaleやフォントの大きさを適切に調整する必要がありました。

TMPとLegacyの違い

しかし、文字を鮮やかに表現できて、Bold(太字)・Italic(斜体)・Underline(下線)などの基本機能が搭載されています。

加えて、文字・行・段落の間隔調整(カーニング)や文字揃え機能(上下左右・中央・両端ぞろえ)、文字にエフェクトを付加することもできます。

数学関数で文字にアニメーションを付けることで、様々な表現が実現できます。
自動で、文字を改行してくれるので非常に便利です。

画面にテキストを表示

Hierarchyウィンドウから「UI>Text-TextMeshPro」を選択します。

TMP Importer ウィンドウが表示されますので、「Import TMP Essentials」をクリックしてTextMeshProの使用を有効にしてください。

フォントサイズの変更

リッチテキスト

TextMeshProの装飾は、リッチテキストで行います。

公式は、HTMLとは別物と言及していますが、基本的には同じなのでHTMLを使ったことがあると馴染みやすいです。

マークアップシステムは HTML にヒントを得ていますが、標準 HTML とは完全に別のものです。基本的な考え方はテキストの一部はマッチングするタグのペアにより閉じられるということです。

リッチテキスト – Unity マニュアル

例えば、リッチテキストをHTML風に記述すると、画像のように表示できます。

<align="center"><color=black>Alicia</color><s>ign</s><b>ing</b></align>
<align="left"><u>Left
リッチテキストによるTMPの調整

グラデーション

Inspectorウィンドウの「Color Gradient」にチェックマークを入れます。
モードを「Four Corners Gradient」にすると、グラデーションが機能します。

TMPのグラデーション表現

スクリプトで文字を変える

画面をクリックすると、TextMeshProが変化する制御をします。
「Input.GetMouseButtonDown」は、マウスで画面押下すると処理されます。

画面押下についてまとめています。

また、次のテキスト表示には、csvファイルをUnityのプロジェクトに読み込みます。

csvの作成方法とUnityにロードする方法をまとめています。

ソースコード

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using System.IO;
using TMPro;


public class output : MonoBehaviour
{
    private TextAsset csvFile;  // CSVファイル
    private List<string[]> csvData = new List<string[]>();  // CSVファイルを入れるリスト
    public TextMeshProUGUI textMeshPro;     //テキスト
    int i;      //現在地
    void Start()
    {
        //csvファイル処理
        csvFile = Resources.Load("test") as TextAsset; 
        StringReader reader = new StringReader(csvFile.text);
        while (reader.Peek() != -1)
        {
            string line = reader.ReadLine();    
            csvData.Add(line.Split(','));       
        }
    }

    void Update()
    {
        if (Input.GetMouseButtonDown(0))    //マウス左
        {
            textMeshPro.text = csvData[i][0];
            i+=1;
        }
    }
}

思い通りのゲームが作れない

Unityでゲーム開発しているけど完成しない。
技術的な壁や知識不足が原因で、思い描いたゲームを実現するのは難しいです。

しかし、Udemyは動画で実践的なゲーム開発を解説していて、
購入した講座は再生・停止・スキップなどが可能なオンデマンド形式なので、
専門的な内容を自分のペースで学習できます。

Udemyの特徴
  • プロのエンジニアによる講習が受けられる
  • 自分のペースで学習を進められる
  • オンデマンド形式だから何度でも視聴可能
  • 不満足なコースは視聴していても返金可能返金ポリシー

Unityの機能を網羅したいや作りたいゲームがある人はUdemy学習を取り入れましょう。
数多くある講座の中から特におすすめな講座を3つ紹介します。

Unityのはじめの一歩としておすすめ。開発例に物理挙動やアニメーションを使用しているので、今後の開発が円滑になる。

トランプを題材にした講座。カードゲームやボードゲーム開発に応用可能

UnityエンジンのインストールやC#の文法に加えて、App StoreとGoogle Playにゲームをリリース方法を解説。

容量不足を解消

Unityのプロジェクトは1.5GB~3.5GBと大きく、クリエイターはHDD・SSD増設が必要です。

価格耐久性静音性読み書きサイズ
HDD
SSD

注目点は、HDDは安価だけど壊れやすい。SSDは丈夫だけど高価。
したがって、データの持ち運びをしない場合はHDD、持ち運びする場合はSSDがおすすめです。

  • 据え置きHDD
  • 外付けSDD
  • 内蔵SSD

ぜひ、あなたのクリエイティブな作業環境に兼ね備えたストレージをお役立てください。

解説

  • 名前空間

「using UnityEngine;」ーUnityのクラスや機能を使用するために必要です。Unityエンジンの各種コンポーネントや関数などにアクセスできるようになります。
「using System.Collections.Generic;」ージェネリックなコレクションクラスを使用するために必要でListのために用意します。
「using System.IO;」ーファイル入出力操作に必要なクラスを使用するために必要です。StringReaderを使用してCSVファイルを読み込んでいます。
「using TMPro;」ーTextMeshProを使用するために必要です。このコードがないとテキストが扱えません。

  • フィールド(メンバ変数)

「TextAsset csvFile;」ーCSVファイルのテキストデータを保持するための変数です。
「List csvData;」ーCSVファイルのデータを格納するためのリストです。各行のデータは文字列の配列として保持されます。
「TextMeshProUGUI textMeshPro;」ーテキストを表示するためのTextMeshProUGUIコンポーネントへの参照です。
「i;」ー現在のCSVデータの位置を追跡するための変数です。

  • Startメソッド

「Resources.Load(“test”) as TextAsset;」を使用して、Resourcesフォルダ内のtest.csvをcsvFile に読み込みます。
StringReaderを使用して、csvFile.text からテキストを読み取り、各行をコンマ(,)で区切ってcsvDataリストに追加します。

  • Updateメソッド

Input.GetMouseButtonDown(0) でマウスの左ボタンが押されたかどうかをチェックします。
マウスの左ボタンが押された場合、csvData リストから現在の位置 i の要素を取得し、textMeshPro.text に設定します。
その後、iをインクリメントします。

実行

ソースコードをHierarchyウィンドウにアタッチし、textMeshProを添付します。

再生ボタンを押して、ゲーム画面をマウスの左クリックをすると、文字が変化します。
しかし、日本語が□になってしまいます。

原因は、「LiberationSans SDF」は日本語対応していない言語だからです。
TextMeshProで日本語表示するには、対応したフォントをロードする必要があります。

日本語の表示

日本語の導入には、Noto Sans Japaneseを使用することをおすすめします。
執筆時点では商用利用可能ですが、規約が変更する場合があるので使用の際には確認してください。

ダウンロードしたotfファイルをUnityに入れます。
メニュー「Window>TextMeshPro>Font Asset Creator」に進みます。

TMPのフォントを追加する
Font Settings
  • Source Font File:使用するフォントに設定
  • Atlas Resolution:2つとも「8192」
  • Character Set:「Custom Characters」を選択
Font Settingでフォントを生成します。

日本語の文字コードは、GitHubで公開してくださっている方のデータを使用します。
Custom Character Listの枠にjapanese_full.txtをコピー&ペーストします。

Generate Font Atlasをクリックして、処理の完了を待機します。
完了後、Saveに進んでassetファイルを保存します。

読み込みが完了後は、セーブ

InspectorウィンドウのFont Assetを確認すると、インポートしたフォントが使用できるようになり、日本語表示が可能になります。

まとめ

TextMeshProは、Unity公式が提供する文字アセットです。

文字を鮮やかに表現でき、カーニングや文字揃え機能、文字にエフェクトを付けることができます。
さらに、数学関数で文字にアニメーションを付けることができます。

TMPで日本語の表示をするには、Font Asset Creatorでフォントの設定をする必要があります。

この記事を書いた人

プロフィール

アリッシア

                 

大学4年間で何か胸を張れるスキルを身に着けたくて当サイト運営を始めました。
現在、大学院に進学するか就職するか迷いながら勉強しています。
詳しいプロフィールはこちら

Contact icon

contact

X icon

X

Instagram icon

Instagram

Note icon

Note

スポンサーリンク
Unity
フォローする
タイトルとURLをコピーしました