ノベルゲーム

Unity

【Unityでノベルゲーム】画面サイズの変更・UIの設置

Unityを使用したノベルゲームの作り方を紹介します。PC・スマホに適する画面サイズに変更して、スクリプトを活用してテキスト処理をします。他にも画像表示やcsvファイル読み込みなどの情報をまとめました。
Unity

【Unity】バイナリー形式の改造されないセーブ機能を実装

Unityでのゲーム開発におけるセーブデータ機能とその改造に関する情報やツールについて解説。ノベルゲームでは、数百もの複数のセーブデータの作成にも対応。
Unity

【Unity】QuickSaveを実装、手軽なセーブ機能

Unityのノベルゲームには、選択肢やクイックセーブ・ロード機能が欠かせません。シーンごとにセーブデータを管理し、プレイヤーにスムーズなゲーム進行を提供します。quicksaveやセーブ機能の実装は、開発の重要な一環です。
Unity

【Unity】Invoke・coroutineで自動に処理をする

【アセット不要!Unityで作るノベルゲーム】第6回は、Invokeで引数を渡し、数秒後に動作させてオート機能を作ります。オートモードを導入すると、プレイヤーがわざわざクリック操作をせずにストーリーの流れを自動的に楽しむことができます。
Unity

【Unity】resourcesフォルダーの使い方と非推奨の理由

resourcesフォルダーは、Unityで画像や音声、プレハブ、csvを扱う際に便利な機能ですが、メモリの負担が多大きく非推奨な機能です。しかし、規模によっては使用に問題はありません。
Unity

【Unity】UIと画面クリック判定を区別、UIの処理無効にする

ispointerovergameobjecteventsystem.current.ispointerovergameobject()とeventsystem.current.ispointerovergameobjectを紹介。UIボタンのクリック判定を反応しないようにします。
Unity

【Unityでノベルゲーム3】CSVのテキストを画面上に表示する

Unityを使用してノベルゲームを作成する際には、CSVファイルを読み込んでセリフを表示する方法があります。画面に文字を表示するには、Unityのテキスト要素を活用しましょう。これにより、簡単にノベルゲームのテキスト表示機能を実装できます。
Unity

【Unity】マウス操作をゲームに導入する画面クリックで処理

UnityでCSVのテキストをマウスクリックで1つずつ進めるには、if文でメソッド「Input.GetMouseButtonDown(0)」を使用します。ノベルゲームは画面のクリック回数に応じてテキストを表示するシステムに近づきます。
Unity

【Unity】CSVファイルを読み込み、テキストを画面に表示する

Unityでcsvの表示はSystem.IO をインポート、1行ずつの読み込みはReadLine()を使います。csvファイルはエクセルやスプレッドシートで変換し作成します。ノベルゲームの台本やRPGのステータスとしても使うことができます。